石橋医院 院長に就任いたしました。


 改めまして、2020年4月1日にから医療法人 石橋医院の院長に就任いたしました、石橋慶章です。前院長(尚範)の長男として北九州に生まれ、ここ馬場山で育ちました。高校卒業後は久留米大学医学部医学科へ入学し、医学を学びました。2006年に大学を卒業して初期臨床研修を2年間行ったのち、2008年に久留米大学医学部外科学講座に入局して、外科医となるための修練を開始しました。2009年から朝倉医師会病院へ、2010年から佐世保共済病院へ出向して外科医としての技術、診療の心得を学びました。2011年からは久留米大学外科学講座の大腸班で大腸癌に関する研究を行い、2014年には博士号を取得するに至りました。研究を終えてからは、2013年から大分三愛メディカルセンター、2014年から大分県済生会日田病院、2017年7月から戸畑共立病院で消化器外科医として勤務いたしました。そして、2019年7月より当院で勤務を続けています。


 今後も、自分に出来ることを精一杯地元に還元し、地域の皆様が安心して相談できる医療が提供できるよう努めてまいりますのでよろしくお願いします。

93回の閲覧